家族葬のメリットと日本の葬儀

  • セット料金が主流の家族葬と葬儀業者

    • 家族葬は、近年耳にする様になった新しい葬儀スタイルですが、従来の葬儀と同様に医療機関から肉親の遺体を引き取り、通夜と葬式を行い火葬後埋葬しますが、決定的に異なる点が弔問客や参列者の数が一般的な葬儀よりも圧倒的に少ない事です。

      しかし、家族葬は新しい葬儀スタイルの為に定義が非常に曖昧であり、葬儀業者の中には50人を超える参列者の葬儀も家族葬と呼び、新しい客層を取り込もうとしています。この葬儀スタイルは、弔問客や参列者が極限られている事で香典返しや振る舞い膳、精進落とし料理、会葬状などの手配及び費用が大幅に削減出来る為、葬儀費用を大幅に軽減出来るとともに遺族の身体的負担も軽減出来ます。


      一般的な葬儀では、顔も知らない様な故人の縁者の接待に神経をすり減らし、葬儀後には無事終わったねと一息尽く始末です。



      本来の葬儀は、故人を1番大切に思っている家族が故人との思い出に浸り冥福を祈る時間である事から、家族葬は葬儀本来のスタイルとも言えます。
      家族葬は、セットプラン料金が主流となっているので従来の葬儀の様に葬儀業者の言いなりに執り行い高額な葬儀となる事は非常に少なく、セットプランには葬儀を執り行う上で必要最低限のサービスなどが含まれているので、葬儀業界の悪習とされて来た葬儀後の高額な追加料金も無く非常に安心です。

      ガジェット通信の情報を今すぐ確認できます。

      しかし、セットプラン料金が主流となった事で葬儀業者の粗利益率は大きく落ち込んでいる為、業者によっては追加項目が必要なセットプランもあり、追加料金が非常に高額に設定されている葬儀業者もいるので気をつける必要もあります。



top