家族葬のメリットと日本の葬儀

  • 家族葬を希望する方へ

    • 葬儀を行う際、家族や親族のみで執り行いたいと家族葬を希望される方が増えています。



      身内だけで執り行いたい、参列者の方に引き出物や後々のお礼状などを用意するのも大変なので、という場合が多く、また故人の遺志を尊重した葬儀を執り行うことができるので選ばれているようです。

      また、通常の葬儀と比べると葬儀費用がコンパクトに収まるというのも理由に挙げられるでしょう。家族葬と一般的に言われていますが、参列者の数などには特に定義はありません。葬儀社の方と打ち合わせる際、少人数規模で行いたいと告げれば家族葬規模のプランを示してもらえます。
      ご家族、ご親戚だけという明確な決まりもありませんので、ご近所の方やご友人などお知らせしたい方の人数を伝えれば相応に対応してくれます。

      朝日新聞デジタルのお役立ち情報はこちらのサイトです。

      葬儀の式進行に特に違いはありません。会場の広さがこじんまりした場所であること、祭壇の基本はシンプルなものであること、お香典を辞退している旨知らせること、列席者に場所を示すための看板などは特にしないことが違いとして挙げられます。



      これらは「基本的に」ということなので、希望があれば担当の方に相談してみましょう。

      家族葬を行う際の注意点として、葬儀が終わった後に亡くなられたことを知った方が苦言を呈する場合があるということです。

      社会的なつながりを失念していた場合、残念に思われる方もいらっしゃいますので、家族葬と言っても近しいつながりのある方にはお知らせすることも考えてください。

top