家族葬のメリットと日本の葬儀

  • 家族葬は便利な葬儀になります

    • 葬儀をする時には、葬儀社と相談の上で色々な事を決めて行く事になりますが、葬儀の種類も選ぶ事が出来ます。


      一般的な葬儀の他にも家族葬や直葬と呼ばれる物もありますが、葬儀として行う物は、一般的な葬儀と家族葬になります。



      普通の葬儀では、近所の掲示板などに告知をする事が多く、近所に住んでいる一般の方や、知人、友人など知り合いであれば誰でも葬儀に来ることが出来るようになります。

      しかし家族葬の場合には、身内と親類関係だけの出席で葬儀を行います。
      近所や通人知人などにも告知することは無く、一般の人の葬儀の参加をお断り状態にしてしまうのです。

      その為、葬儀の大きさは小さくなり無駄が無くなるというメリットが生まれるのです。葬儀費も多少は抑えられますし、身内と親類だけなので、最初から来る人数も解っている事もあり、食事やお返しの準備も、無駄の無いように用意する事が出来るようになります。火葬場への行き返りも、人数にもよりますが、貸切バスをチャーターするよりもタクシーを数台に分けて使った方が安くなり負担を減らせるのです。

      goo ニュースの正しい情報を手に入れましょう。

      お通夜と葬儀も手抜きは一切なく、普通の葬儀と何も変わる事無く、しっかりと行いますので、故人に対して失礼も無く安心して最後まで行えるのです。



      一般葬儀では無駄が多くなってしまうのが事実です。

      火葬場の行き返りの為のバスには、何人乗るかはっきりしていないために、余分にバスを借りる事になってしまったり、食事やお返しが大量に残る事が多いのです。
      無駄を減らす為にも家族葬は便利なのです。

top