家族葬のメリットと日本の葬儀

  • 自由な形式の家族葬と訃報を知らせる時期

    • 家族葬は、基本的には残された家族と親族、極めて親しい知人などにより執り行われる葬儀をさし、密葬のうちの家族の為に行われる通夜と葬式を新しい家族葬という言葉で改称されたとされています。



      家族葬は、目覚ましい医療の発展により世界指折りの長寿国となった事で故人の会社関係者や友人の弔問や参列が著しく減少し、一般的な葬儀を執り行っても残された家族と親族、極めて親しい知人だけのケースが増え、必然的にシンプルで小規模なこの葬儀形態になったとされています。

      この葬儀形態は、大規模な葬儀とは異なり残された家族と親族、極めて親しい知人で執り行われているので進行や席順、喪主の挨拶、弔辞などの儀礼的な物はあまり意味が無いので、葬儀業者との打ち合わせの段階で省くかを決めておく必要があります。

      目的に応じた毎日新聞のマニアックな情報をお届けします。

      又、一般的な葬儀の様に葬式仏教のしきたりに従って厳かに執り行う必要も無く、残された家族や親族、極めて親しい知人達が故人との思い出に浸りやすい様な演出や故人の好きだった音楽を流したり、会場の中央に棺の配置するなどのアレンジを加える遺族も増えています。

      家族葬は、残された家族と親族、極めて親しい知人で執り行われるので葬儀の案内や訃報の連絡は電話で行われるケースがほとんどですが、葬儀への参列を依頼していない親類縁者には葬儀完全に終了してから書状で知らせする事が多くなっていますが、どうして知らせてくれなかったのと非難を受ける事があるので出来る事ならば、事前に訃報を伝え家族葬を執り行う事への理解を得ておく方が後々の人間関係が良好に保てます。



top