家族葬のメリットと日本の葬儀

  • 家族葬のメリットと日本の葬儀

    • 家族葬は、葬式仏教の宗教的な慣習によって執り行われ来た従来の葬儀とは大きく異なり、葬式仏教の僧侶による読経や位牌など宗教色が非常に薄い葬儀スタイルで執り行われる事が増えています。

      家族葬情報をお伝えします。

      背景には、日本が世界でも指折りの無宗教国家であり、実際に時代や社会環境、執政者の意向などにより異なって来た経緯に加え、現在では散骨や植樹葬などの自然葬が行われる様になっています。

      又、日本人が古来より無宗教民族であった事で仏教の教義に基づき行われていると思われている葬儀が、神道や儒教、道教、仏教など様々な宗教の継ぎ接ぎだらけである事を理解している人はあまり多く無いのが実情です。
      仏教では、冥土で幸福になる事を意味する冥福を祈りませんが、葬儀では道教に起源を持つ冥福を良く祈っています。

      @niftyニュースが話題になっています。

      葬儀において、祭壇に位牌を飾るのは儒教に由来する宗教的な慣習であり、臨終後通夜までは自宅に遺体を安置し家族・親族が柩を運び出す事、遺骨を大にする事も儒教の宗教的な慣習です。
      しかし、位牌は神道の霊代を起源とする考え方もありますが、お清めの塩や通夜は神道の宗教的な慣習の名残りとされています。
      通夜は、現在も皇室で神代の時代から行われて来た遺体を腐敗させ白骨化させる殯が起源とされ、数カ月から3年程度遺体が安置された後に土葬によって葬られています。

      現在の通夜は、2時間前後行われる半通夜がほとんどですが、家族葬の普及により自宅で通夜を行う遺族も増えている為、遺体に邪気や悪霊がつかない様にご燈明や線香を絶やさない夜伽を行うケースが増えています。



      家族葬は、簡素かつ小型の葬儀ですが、故人と過ごせる最後の時間をより長く確保出来る葬儀スタイルです。

  • マナーの話

    • 家族葬は、近年耳にする様になった新しい葬儀スタイルですが、従来の葬儀と同様に医療機関から肉親の遺体を引き取り、通夜と葬式を行い火葬後埋葬しますが、決定的に異なる点が弔問客や参列者の数が一般的な葬儀よりも圧倒的に少ない事です。しかし、家族葬は新しい葬儀スタイルの為に定義が非常に曖昧であり、葬儀業者の中には50人を超える参列者の葬儀も家族葬と呼び、新しい客層を取り込もうとしています。...

  • マナー関係の情報

    • 葬儀をする時には、葬儀社と相談の上で色々な事を決めて行く事になりますが、葬儀の種類も選ぶ事が出来ます。一般的な葬儀の他にも家族葬や直葬と呼ばれる物もありますが、葬儀として行う物は、一般的な葬儀と家族葬になります。...

  • 知りたい情報

    • 葬儀を行う際、家族や親族のみで執り行いたいと家族葬を希望される方が増えています。身内だけで執り行いたい、参列者の方に引き出物や後々のお礼状などを用意するのも大変なので、という場合が多く、また故人の遺志を尊重した葬儀を執り行うことができるので選ばれているようです。...

  • 大人の常識

    • 家族葬は、基本的には残された家族と親族、極めて親しい知人などにより執り行われる葬儀をさし、密葬のうちの家族の為に行われる通夜と葬式を新しい家族葬という言葉で改称されたとされています。家族葬は、目覚ましい医療の発展により世界指折りの長寿国となった事で故人の会社関係者や友人の弔問や参列が著しく減少し、一般的な葬儀を執り行っても残された家族と親族、極めて親しい知人だけのケースが増え、必然的にシンプルで小規模なこの葬儀形態になったとされています。...

top